製品属性(仕様)

製品
分類
温調圧縮機 組立品 業界電子・半導体
素材銅、SUS サイズW1100×L350×H1800

製品画像(様子)

特徴

 この製品は受託製造を行っておりますチラー用の恒温装置です。チラーとは、一定の温度にコントロールした液体を循環させることで、対象とする機器やその一部を冷却または恒温するよう制御する装置機器です。半導体部品の製造装置の温度制御のためなどに使われます。精密板金加工 配線組立.comでは循環水タンクなど各部位の組立から、銅配管および銅とSUSの異種金属配管のロウ付け、筐体としての組付け、更には動作時に液漏れが起こらないように銅配管のリーク検査、循環検査までを一貫して行っています。
 本製品の銅配管にはコンプレッサーユニットのものに比べて太いものが使用されていることから、ロウ付けの難度が高くなっており、フィレットが綺麗に形成されていてもロウの溶け込みが不十分であることもあります。更に本製品では銅配管のロウ付け以上に難度の高い、銅とSUSのロウ付けも行います。これらの作業については、社内認定を取得している作業者のみが行うことで、高い品質の配管接合を実現しております。
 また溶接部のリーク検査は、スヌープ液・ヘリウムを使用して行います。スヌープ液はサブアッセンブリ状態の際に漏れの有無を検査するために使用します。一方、ヘリウムは恒温装置としての組立が完了した後に漏れの有無を検査する際に使用します。
 更に組立工程では、ボルトの締め具合に作業者間でのばらつきや過不足がないよう、閾値を設定し徹底したトルク管理を行っております。
 このように難度の高い組立や銅配管のロウ付け、異種金属配管のロウ付け、各種検査までの一貫対応を精密板金加工 配線組立.comでは実現いたします。ぜひ一度ご相談ください。