製品属性(仕様)

製品
分類
固定金具・アングル 業界医薬・医療
素材SPHC サイズW500mm×L85mm×H60mm
工程ブランク加工、曲げ加工、切削加工、TIG溶接、サンダー仕上げ

製品画像(様子)

特徴

この部品は医療機器用精密板金フレームで、医療機器の外付け用のアタッチメント部品として使用されます。材質としてSPHCを加工して製作しており、板厚は2.3mmとしっかりとした作りになっております。

全部で6点の部品で構成されており、その内2点は切削部品で協力会社に加工を依頼しています。医療機器用途ですので、精度はシビアになっていますが、当社ではそのような要求仕様もクリアできる協力会社と提携しております。

また、この部品の一番手間のかかる加工は丸みを帯びた部分の曲げと溶接になります。FR曲げにて図面指示のRで半円の部品を作り、その部品をTig溶接にてズレの無いように他の部品と溶接します。そして、外観部品であること、さらに医療機器用途であることから衛生面およびメンテナンス性が求められますので、溶接痕を消す必要があります。そこで当社では、サンダーによる仕上げ処理を施したあと、さらにダブルアクションサンダーによる仕上げを再度行うという表面仕上げを行っております。

このように、切削加工や溶接後の表面仕上げも工程として入るような部品の製作も弊社では承っておりますので、お気軽に精密板金加工 配線組立.comにご相談下さい。