Answer (回答)

 各種鋼板を取り扱っていますが、SGCC、SECC、SPCC、SPHC、SUS全般、アルミニウム、中には亜鉛メッキ鋼板や耐熱鋼板などを日常的に取り扱っています。これらの後半は、レーザーやターレットパンチングプレスへ供給するパレットチェンジャーに搭載しています。
 上記の鋼鈑の用途の一例をご紹介しますと、SGCC素材は、産業用・民生用のエアーコンディショナーの室内側空調機の筐体。SGCCの用途としては、メガソーラー用のパワーコンディショナー盤などにも使用しています。デジタルサイネージのディスプレイや電気コントロールパネルを支える筐体部分にSECC。SPCCは、医療用実験質に設置される検査装置のキャビネットに。SPHCは各種ヒンジ等に使用。
 SUS430は食品工場や医療・医薬に設置される貯蔵倉庫や制御盤など、水がかかる環境でも錆が発生させない板金加工品に使用しています。