Answer (回答)

 対応可能なガス溶接は、銅と銅の溶接、および銅と異種金属との溶接がございます。異種金属溶接では、難削材をはじめ、様々な金属の溶接の実績がございます。銅の溶接は難度が高く、対応できる精密板金加工業社はそれほど多くありません。その理由としては、銅の熱伝導率の高さから、熱が逃げやすく局部加熱が難しいため、溶接対象部分の溶け込みが不十分になりやすいことがあげられます。また、鉄に比べ熱膨張係数が1.4倍の値をとるため、銅の溶接を終えた後に歪みが発生しやすいことも、溶接難度を上げる原因とされています。
 「精密板金加工 配線組立.com」を運営する島田工業では、日本の大手産業用空調機・民生用空調機メーカー様のエアコンやチラーの板金加工から配管接合、検査、梱包まで行っている長年の取引実績があり、この難しいとされている銅溶接を日常的に行い、その溶接技術を磨いてきました。島田工業社内に、ガス溶接技能講習修了者が8名在籍しており、その中には、国内の大手電気メーカー様が独自に定めた規格をパスした認定者も3名擁しております。大手企業の品質基準を満足させることができるガス溶接技術は、その他多くの製造業様から溶接品質を高く評価していただいております。