Answer (回答)

精密板金加工 配線組立.comでは、デジタルサイネージ用の精密板金フレームの設計からご提案、製作まで一貫して対応を行った実績があります。

そのデジタルサイネージ用精密板金フレームの特徴としては、サイズがW:500mm × L:800mm × H:75mm × t:0.8、抜き・曲げ加工後に溶接された4点の薄板部品で構成されております。後工程におけるディスプレイ張り付けの際には、フレームの張り付け面は平面であることが要求されます。そのため、曲げ工程においては高い精度が求められ、また溶接においては熱による歪みなどが生じないように細心の注意が必要になります。

精密板金加工 配線組立.comでは、このような技術を必要する曲げ加工・溶接加工も長年蓄積したノウハウ・技術力で対応が可能です。是非弊社にお問合せ下さい。
更に本サイトでは、完成品のデジタルサイネージであるミラーロイドの製作事例も公開しています。写真付きで詳細に説明していますので、ぜひ参考にしてください。

>>>詳細はこちら

ミラーロイド (デジタルサイネージ)