Answer (回答)

「精密板金加工 配線組立.com」では、異種金属配管の接合実績が多数あり、過去に接合した実績のあるものとして代表的なものは銅とSUSという組み合わせがございます。こちらの接合方法はロウ付けとなり、ロウ材には銀ロウを使用しております。
 この異種金属の組み合わせの接合は、当社であれば空調機器の中でも熱交換機やチラー用の温調機器の組み立てにて実績があります。配管などでは、溶接よりもロウ付けを選択することで配管素材本体の強度を保つことができるので、耐久年数などを考慮した場合、ロウ付を選択することが多くあります。

 SUSと銅の組み合わせ以外にも「精密板金加工 配線組立.com」では対応が可能です。異種金属配管の接合をご検討をされている場合には、ぜひ一度当社へご相談ください。クライオポンプなど温調機器の組み立てにおいて異種金属配管の接合を行っており、大手電機メーカー様から品質・技術について高評価をいただていますので、安定・安心の品質にて製品提供が可能です。