Answer (回答)

 空調機や水冷式温調器、具体的にはエアーコンディショナーや、精密チラーなどの産業用機械の品質管理の代表的な取り組みは、締結部品のトルク管理やヘリウムガスを使ったリーク試験、通電試験などがあげられます。
 メーカー様の量産製品を板金加工から溶接・締結、電気配線から配管接続までを行うAssyラインを持っており、それらの作業指示書には、精密板金組立品を高品質に保つための作業指示書を発行して製作しています。その板金加工部品の寸法チェックは当然のことながら、ビスなどの締結には専門のトルク管理が可能な工具にて、品質を安定させています。
 また、圧縮機と冷媒配管を必要とする温調機では、粒子の細かいヘリウムガスを配管内に流すことでリークが無いかを検査する専門設備を配備しています。完成後には実際に通電を行った上で、製品仕様の冷却能力が出ているかの試験にも対応しています。
 お取引様の中では、お客様の段ボール梱包や緩衝材によって所定の倉庫へ島田工業から完成精密板金加工ユニットを出荷しているケースもございます。精密板金加工品の品質管理だけでなく出荷までをご要望されるお客様は、是非、お声がけください。