Answer (回答)

 精密板金加工 配線組立.comで対応している精密板金製品のメッキ処理として主に亜鉛メッキが挙げられます。この亜鉛メッキは金属の腐食を抑制する目的で施します。また亜鉛メッキ処理は、その後工程にあたる化成皮膜処理により、「三価クロメート」「三価ユニクロ」などといった形に細分化できます。この化成皮膜処理とは、電気を使用せずに、酸又はアルカリ性水溶液を用いて、板金部品の形状に左右されず均一性がある金属皮膜を生成させる処理のことを指します。亜鉛メッキ処理を施す効果としては、金属表面に酸化膜や無機塩の薄い皮膜を作ることで金属の防錆の効果をより向上させることが挙げられます。具体的に精密板金加工 配線組立.comで製造している精密板金製品で亜鉛メッキ処理を施しているものを例を挙げると、サニタリー製品に分類される人工大理石シンク用の架台が挙げられ、湿気や外気に触れるような環境下に置かれる部品および筐体に施しております。また、他のメッキ処理についてなど詳しくはお問い合わせください。