Answer (回答)

 精密板金加工品のコストダウンは、これまで数多く行ってきました。「精密板金加工 配線組立.com」にて技術情報は、精密板金加工品のVA/VEによるコストダウン経験から作成していますし、島田工業ではお客様が新製品の開発設計時に製品形状をお客様の設計者様と意見を交換しています。 
 島田工業では、精密板金加工の工程について、大きく3つに分類しています。精密板金の大きな工程分類を、①ブランク工程(切断・抜き工程)②曲げ工程(ベンディング工程)③溶接組立工程に分け、それぞれの工程で不必要な加工を除くことができないか、工程を跨いだ置き換えができないかを検討し、実行可能なコストダウンを実現していきます。精密板金加工品においては、特に後者の置き換えはコストダウン効果が高いと言えます。他にも作業者が作業時間を短縮できる位置決め構造の採用や、溶接個所や溶接方法を人手の作業から溶接ロボットへの置き換えなど、1つの図面の中でVA/VEの検討が尽きることはないとの視点を持つことが大切です。
 例えば、箱状の製品の場合には、①のブランク工程で板を適切なサイズに切り出し、その後に溶接を行う一般的な組立をする方法、②大判の板材からベンダーで曲げて箱状にする方法の2種類があります。各々の方法がどちらがコスト的に優位であるかという点は、保有する加工機のサイズに依存するので一概には言えませんが、溶接工程は人的コストも高く、加工チャージが高いとされているため、無駄な溶接構造は少なくし、置き換え可能な構造へと設計変更することは、大きな成果を実現します。