Answer (回答)

 「精密板金加工 配線組立.com」では、空調機器やクライオポンプなどにおける銅配管のロウ付けを行う際には、窒素ブローにて配管内の窒素置換を行っております。この窒素置換をすることによって、銅配管内部における酸化被膜形成を防止することが可能になります。冷媒配管が製品内にある空調機等では、銅配管内に酸化被膜が形成されてしまうと、機器稼働中に酸化被膜の剥がれが、冷媒漏れによって製品の冷却能力が失われてしまいます。この機器の致命的な故障へとつながるリスクを、銅配管内全域にわたって窒素ブローを施して窒素雰囲気にすることで、酸化被膜形成を未然に防ぐことができます。
 板金加工技術の溶接だけでなく、銅配管溶接の経験に裏付けられた技術によって圧縮機から冷媒配管のある温調製品を確かな品質でお客様に提供することができます。産業用チラーやエアーコンディショナーなど、各種冷却機器の製作依頼は、島田工業までお気軽にご相談ください。