Answer (回答)

精密板金加工 配線組立.comにおいては、銅配管のロウ付け後にヘリウム、スヌープ、フロン、マイクロスコープでの検査を実施しております。

当社における銅配管のロウ付けの検査の流れとして、ロウ付けを行った後、マイクロスコープにて溶接箇所のピンホール・肌荒れ・割れが無いかを確認します。その後ヘリウムで規定の圧を注入しスニファー法(ヘリウムリーク検査)にて確認後、さらにスヌープ液にてリーク確認を行います。(※なお、製品によってはスヌープ液によるリーク検査はスキップするケースもあります。)これらの検査で合格判定であれば、さらに真空引きを行い、指定のフロンを注入しフロンリークディテクターにてリーク検査をしております。

このように精密板金加工 配線組立.comでは、2回から3回のリーク検査を行っておりますので、リークの発生が最小限となっております。