Answer (回答)

SUSの表面には酸化を防ぐための被膜があります。そのため、SUSと銅を溶接する際には、被膜が邪魔をし、ロウ材の銀ロウがのりづらいことがあります。また、融点が異なる二つの母材をあまり熱しすぎると、溶接をした後、急速に冷えた際に母材が割れてしまうということもあり、加熱を弱くしたり、余熱を考慮して溶接をおこなうなどの温度調節も必要となってきます。このように、材質の特性をよく理解した上で溶接を行う必要がありますので、SUSと銅の異種材溶接は難しいものとなっております。